このようなお悩みはありませんか?

  • 頬にシミがある
  • 妊娠や出産後に頬にシミのようなものができた
  • 年齢を重ねて(30歳以降)頬や額の左右にシミができた

肝斑でお悩みの方へ

肝斑とは、頬や額などへ左右対称にもやもやと広がる地図状の淡褐色のシミで、20代後半~40代の女性に多くみられる皮膚疾患です。
診断は、まず年齢でその可能性を判別いたします。また、女性ホルモンのバランスに関わるシミでありますので、妊娠やピルの服用により発症もしくは悪化することがあり、肝斑の一つの診断方法となります。

肝斑は治療が難しいといわれている皮膚疾患です。紫外線や、妊娠出産、肌のこすり過ぎでバリア機能を壊してしまうことにより発症したり、不規則な生活(睡眠不足)、ストレスなど複雑な原因が考えられています。また、体調や生理周期によって、色の濃淡が変化することもあります。
この肝斑とよく似たものには、アザの一種である後天性真皮メラノサイトーシスや、皮膚炎からくる色素沈着症があり、シミなのか肝斑なのかで治療方法が異なります。

当院では、シミの種類を熟知している皮膚科専門医がまずシミが肝斑かどうかを診断し、患者さまに合った「肝斑」の治療方法を行っております。

肝斑の治療メニュー

※各治療法ページにて施術フローや料金など、詳しくご覧頂けます。

肝斑レーザー

当院のフラクショナルQスイッチルビーレーザーは、メラニンに最も吸光度が高いQスイッチルビーレーザーをフラクショナル発振(細かいビームに分けて点状に発振)させることにより、色素沈着の発生をできる限り低減させ肝斑やその他のシミを改善させるまったく新しい治療法です。

プラズマ治療

窒素プラズマにはターンオーバー促進作用があり、停滞したメラニンを排泄することで、キメやくすみを改善し、美白効果をもたらします。さらに、肌の弾力を保つために必要な線維芽細胞増殖因子(FGF)にも影響を与え、熱作用によりコラーゲンやエラスチンを増生させることで、小じわ、肌の質感、毛穴の開きを改善します。

フォトブライトフェイシャル

フォトブライドフェイシャル(サイトンBBL光治療)は、IPL(インテンス・パルス・ライト)という410~1400nmの広い波長をもった光線をお顔に照射することによってトラブルを改善し、しみ・しわ・毛穴・にきびなどのお顔全体の若返りを可能にする治療法です。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、お肌に優しいフルーツ酸などの弱酸を塗布し、肌表面の蓄積された古い角質をゆっくり取り除き、ターンオーバー(新陳代謝)を促して、透明感のあるキメ細やかなお肌に新しく生まれ変わらせる治療法です。

イオン導入

微弱な電流で帯電させ、有効成分を皮膚の深いところに浸透させます。イオン導入では有効成分がバリア機能を通り抜け、肌の奥深くまでたっぷり栄養を届けることができます。 お肌のお悩みに合わせた有効成分を導入することにより、あらゆるお肌の悩みに効果的です。

マッサージピール

マッサージピーリングは有効性及び安全性を保障するヨーロッパCEマークを取得したイタリアの最新のピーリングです。PRX‐T33の主な有効成分は、高濃度トリクロロ酢酸(TCA)と低濃度過酸化水素(H2O2)、コウジ酸です。 真皮深層まで浸透作用することで線維芽細胞増殖因子を刺激して角化細胞の増殖因子を活性化させ、強力なコラーゲン増生作用・美白作用を実現します。

レーザーフェイシャル YAGピール

YAGレーザーによるレーザーピーリング効果で皮膚表面の古い角質を取り除き、ざらつきやくすみのない滑らかなお肌へと導きます。表皮から真皮上層を加熱して、コラーゲンの生成を促し、肌のキメ、ハリ、毛穴の開き、目の下のくまなどを改善していきます。

レーザーフェイシャル(L-ALEX)

レーザーフェイシャルは、お肌のお悩みによって使い分けることができますので、症状に合せて効果的な治療を行うことができます。 お顔のうぶ毛脱毛、表在性のシミ、ソバカス、毛穴の引き締め、くすみ改善等に効果が期待できるお肌の若返り術です。