眼瞼下垂症

眼瞼下垂症は、加齢、長期間のコンタクトレンズ使用などが原因で瞼を挙げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、上まぶたを開けづらくなる病気です。
黒目部分が3分の2以上隠れているかたは、眼瞼下垂症の可能性があります。

お悩みや症状

  • まぶたが重い、開きにくい
  • 疲れ目
  • 前額部のシワ、眉毛を挙げるクセがある
  • 見づらい
  • 頭痛、肩こり
眼瞼下垂の重症度分類
手術方法

二重の線に沿って切開し、眼瞼挙筋を短縮あるいは前方に引き出して固定します。
(もともと一重瞼の方は、ご希望のラインにデザインします。極端な目元の変化を望まない方はできるだけ目立たない二重にデザインすることも可能です。)

手術直後からしっかり瞼が開きますので、手術の効果を実感して頂けます。翌日からは泣いた後のように腫れますが、およそ7日~10日間で軽減します。術後7日目に抜糸をします。この時点ではまだ一時的な開きにくさや左右差を認めることがあり、およそ1か月で改善していきます。

【術直後~翌日】
瞼にガーゼをあててお帰りいただきます。当日は入浴や運動は控えて、患部を冷やしながらゆっくりお休みください。
(翌日)外来でガーゼをはずし、消毒をします。そのあとは傷を隠すためのメガネでお過ごし下さい。夜~洗顔が出来ます。
(術後5~7日目)抜糸します。

治療例
上瞼のたるみが少なく眼瞼下垂症がある方 眼瞼下垂症(保険)
上瞼のたるみが多く黒目が隠れているため黒目が小さく見える方(皮膚を持ち上げると黒目がしっかり出る方)
・二重ラインがはっきりした方 上眼瞼しわ取り(保険外)

症例紹介

症例12

眼瞼下垂症 40代 女性

【施術】眼瞼下垂症
 症例 眼瞼下垂症

※施術の結果には個人差があります。

症例13

眼瞼下垂症 60代女性

【施術】眼瞼下垂症
 症例 眼瞼下垂症

※施術の結果には個人差があります。

症例14

眼瞼下垂症 60代男性

【施術】眼瞼下垂症
 症例 眼瞼下垂症

※施術の結果には個人差があります。

予約について

完全予約制になりますのでご予約お願い致します。

形成外科(予約制)

月曜日
9:30ー13:00
水曜日
9:30ー13:00/14:30-18:30
  • 眼瞼下垂症(症状により保険適応)
  • 内反症(逆さ睫毛)(保険適応)
  • 眼瞼外反症(保険適応)
  • 二重形成術(埋没法・切開法)
  • 下まぶたのくま
  • 上まぶたのくぼみ 

などの治療を行っておりますが、その他の形成外科のご相談もお気軽にご相談ください。