巻き爪治療

巻き爪とは爪が内側に巻いていってしまう状態のことです。巻き爪が原因で爪の角が皮膚に刺さり皮膚の炎症を起こす状態のことを陥入爪といいます。
巻き爪は、間違った爪切りや靴の選び方、白癬等の爪疾患、体重、遺伝、けが、健康状態、加齢など様々な原因で起こります。放置すると痛みで歩くことが困難になることがあるため治療や予防が必要となります。

お悩み巻き爪、陥入爪、割れ爪、重度の巻き爪

治療法について

ワイヤー矯正法

ワイヤー矯正法は、超弾性ワイヤーを使用して巻き爪を矯正します。このワイヤーは強く曲げても回復力が一定で、折れることがほとんどなく、矯正力が持続します。巻き爪の形を少しずつ矯正するため、治療中はもちろん、装着時にも痛みはありません。

【治療法】
爪の先端に穴を2つ開け超弾性ワイヤーを装着し、1~2ヶ月間ワイヤーを装着したまま爪を伸ばし矯正していきます。
装着後、1~2ヶ月後に経過診察いたします。
日常生活に支障はありませんが、治療中は圧迫の少ない靴を履いたり、長時間の入浴や激しい運動を控えめにするなど、配慮していただくことをおすすめします。

※ワイヤー矯正法をご希望の方は、爪を軟部から2mm以上伸ばし、治療当日はつま先のあいた靴やサンダルを履いて(お持ちになって)お越しください。

クリップ法

クリップはCu-Al-Mnと3元合金を用いて作られており、優れた加工性と形状記憶特性をもち、装着することにより巻き爪の湾曲や痛みを改善します。また従来のワイヤーと異なり着脱が容易に出来る特徴があります。

巻き爪 クリップ法

【取り付け方】
標準タイプとして、全体幅が14.5mm,16.5mm,18.5mmの3種類あります。爪幅におさまるサイズを選択し、図1に示す通り爪先をクリップする要領で挿入します。左右のカギツメを片方ずつ順番に入れるのがコツです。
クリップの脱落を防止するためテープを巻いたり、絆創膏を貼ることでも代用できます。

ペディグラス

ペディグラスは形状記憶の特殊なプレートを用いて補正する技術です。補正器具に透明なジェルを使用するので目立たず美しく仕上がります。月に1度の付け替えにより安全で機能的な爪の角度に補正することが可能です。
1回の施術でも巻き爪の補正と痛みの改善が期待できます。

※ペディグラスの認定資格を持つ看護師が施術を行います。

症例紹介

症例11

巻き爪治療 60代 女性

【施術】巻き爪(ペティグラス)
 症例 巻き爪(ペティグラス)

※施術の結果には個人差があります。

料金について

各種クレジットカードご利用できます。(一括払いのみとなります。)
※自費診療5,000円以上の場合のみご利用可能です。

ワイヤー矯正法ぶ1ヶ所¥5,400 
2ヶ所¥9,720
クリップ法1ヶ所¥9,180
2ヶ所¥14,690
◆ペディグラス(巻き爪補正)
軽度の巻き爪(50°まで)初回(1ヵ所)¥16,200
(器具装着前の下処理含む)2回目以降(2ヶ所以降)¥7,560
中等度の巻き爪(60/70℃) 初回(1ヵ所)\17,280/\18,360
(器具装着前の下処理含む)2回目以降(2ヶ所以降)\8,640/\9,720
重度の巻き爪(80°以上)初回(1ヵ所)¥19,440
(器具装着前の下処理含む)2回目以降(2ヶ所以降)¥10,800
パワーフリースタイル(両側あげ)上記金額(いずれか)に+\1,080(1趾の金額)
肥厚爪ケア\10,800~ 2趾以上で\5,400ずつ加算
割れ爪ケア1趾\6,480
メンテナンス・補強・継続補正1趾\3,780

※医療機関での施術のため、医療加算を含んだ料金設定になります。上記金額には診察料も含まれています。
※診察のみの場合は初診料¥3,240/再診料¥1,080がかかります。
※爪の疾患がある方は治療を優先し、その後、巻き爪補正を行います。
※完全予約制になります。
※巻き爪の角度で料金が変わります。