レーザーフェイシャルYAGネイル

YAGネイルは、レーザ光線照射による温熱効果により爪白癬(爪水虫)を蒸散させ、殺菌効果を期待する治療法で、米国ではFDAで承認されており麻酔も必要ない安全性の高い治療です。抗真菌薬での治療が不十分な方、内服療法が困難な方、望まない方に適している治療法です。また、抗真菌薬の内服とYAGネイルの併用療法で治癒を早めたい方にもお勧めです。
レーザーの効果により病変部位を押し出すような形で新しく健康な爪が成長していきます。レーザー治療の時間は10分~20分と短く、麻酔なども必要ないため安全性の高い治療法です。

お悩みや症状

  • 爪白癬(爪水虫)

治療の流れ

1.治療時間 目安 10~20分(診療時間は含みません)
2.施術中 爪とその周囲の皮膚に対してレーザーを照射します。痛みはありませんが熱を感じます。
爪の成長を1ヶ月ごとに確認しながら治療を進めていきます。(手の爪は1ヶ月で約3mm、足の爪は1ヶ月で約1~1.5mm成長し、爪が生え変わるには手の爪で半年~1年、足の爪で1年~1年半かかると言われていますので爪の白癬治療は根気が必要です) また内服・外用療法の組み合わせ治療が効果的です。
3.回数の目安 1ヶ月に1回の治療を4回程度
4.ダウンタイム ダウンタイムはありません。
その他)
内服・外用療法の組み合わせ治療が効果的です。
この治療の適応は爪白癬です。その他の原因で爪が異常な状態になっている場合は効果を望めません。
白癬菌はいたるところに存在するので再発する可能性はあります。日頃から清潔に保ち再感染を防止してください。
健康な爪に生え変わるまでは白癬菌が爪の中に残っているので自己判断で治療をやめず、医師の指導のもと、最後まで根気よく治療しましょう。

料金について

各種クレジットカードご利用できます。(一括払いのみとなります。)
※自費診療5,000円以上の場合のみご利用可能です。

1ヶ月に1回の治療を4回~ 1趾¥5,400